fc2ブログ

納得できないことはある

1781 納得できないことはある

こんばんは。
今日は雨の『昭和の日』になりましたね。
草木にとっては、恵みの雨になったことでしょう。

最初に書いておきます。
今日のブログは長くなります。
ご了承ください。

先日の開智義塾塾長須山のブログに、次のような文章がありました。
以下、抜粋して掲載します。
よろしければ、須山のブログ(リンクしてあります)で、全文を読んでいただけたら…と思います。

--------------------

(前略)

学校のテストで、
Do you want to~?
という文章を日本語になおせという問題が出たら?
「~しよう」と訳すのはダメです、残念ながら。
「あなたは~したいですか。」ですよね。
僕も昔、これでもエエやんとかいう疑問を
しょっちゅう抱えながらも、
シャイな少年だったので、あまり先生にぶつけることはせず、
何でダメなんだろう?とブチブチ思っているクチでしたが、
実はここには勉強の本質が隠れています。

義務教育中の勉強はこれでいいのです。
少なくともこの時期の勉強は何をしているかというと、
多少乱暴な言い方になりますが、
規格内に子どもをおさめることを目的としているからです。
特別な能力ではなく、きちんと指示に従うことができるかを見ているのです。
極論すれば理解できているだけではダメ。
理解できていても、指示通りに解答できていなければバツなのです。

僕は昔、中学生のときの国語の定期テストで、
漢字の読みの問題で、「カタカナで答えなさい。」という問題に、
すべてひらがなで解答し、全部バツにされました。
当時かなりムッとした記憶がありますが、
(まだ覚えているくらいですもんね笑)
今考えれば、それは指示に従えていないからダメなのです。
カタカナに直して合っているかどうかは関係ないのですよ。

(後略)

--------------------

須山のブログは、まさしく塾長のブログです。
僕のとは、違います(笑)。
で、文章がうまい。

見習わなければなりませんので、今日は違ったテイストでこのブログを書きます。

須山はブログで書いています。
(義務教育中のテストでは)指示通りに解答できていなければバツと。
その通りなんですね。
僕も言います。
『学校の先生に習った通りに、答案は書くように!』
と。

塾でテスト後に答案を集めた時、講師の間で議論になることがたまにあります。
『これ、マルでいいんちゃうの?』
って。
でも、学校の先生はバツをされた。
それは、指示通りの解答ではなかったからでしょう。
我々の理解もそこにきますので、その塾生にも保護者にもそのように伝え、納得がいかないなら、学校の先生に尋ねるようにといいます。

塾での僕の小テスト。
通常は生徒同士で交換させて採点させます。
ただ時折、回収して採点します。
で、先日の小テストで、いつものように回収して採点した時に、雑な字で答えを書いていた塾生の答案をバツにしました。
返却後、‘予定通り’その塾生が来ました。
『合っているのに、バツがついているのですが…』
と。
で、諭しました。
『テスト前に、読める字で書くようにと指示したよな。
僕には君のこの字が読めない。
だからバツにした。
採点者が読めない答案はバツになると思っておきなさい。
入試答案は返却されない。
自信があったのに、不合格になった、というときは、そういうこともあり得るから。』
と。
塾生はしぶしぶ納得したように見えましたが、明らかに不満そうでした。

納得できないことはある。

これを学ぶのも、義務教育下の年代だと思うのです。

みんなしゃべっていたのに、どうして自分だけが注意されるのか?
おんなじことを言ってるのに、どうして相手だけが褒められるのか?
となりのクラスは○○なのに、うちのクラスは…
Aさんの家は○○なのに、うちの家は…
弟(妹・兄・姉)は○○なのに、どうして自分は…

なんて、そんなことは山ほどあるわけです。
そんな中で、各自が経験値を積んでいく。
そう思うのですが、皆さんはどう思われますか。

えっと…。
塾は学校とは違います。
だから、塾が生徒に要求するものも違います。
指示通りに…というのはもちろんですが、それ以外にもあると僕は思っています。
そのあたりにも触れようと書き始めたのですが、長くなってきましたので、近いうちにまた書きたいと思います。

さて、明日ですが、

エストは明日まで授業、

開智は明日からGW休暇

です。

開智の皆さん、よいGW休暇をお過ごしください。

今日も読んでくださった皆さん、ありがとうございました。


開智・エスト代表 小林

※なんと94000拍手を超えました。ぜひ100000拍手達成にお力をお貸しください。

テーマ : 塾講師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

開智義塾・進学ゼミエスト

Author:開智義塾・進学ゼミエスト
開智義塾・進学ゼミエストは、京都府南部の精華町・木津川市に校舎を展開する学習塾です。地域内小学生・中学生・高校生の学力アップの一助となるべく、日々努力をしております。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
最新記事
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード